体験に来た子 3

 体験に来た子をどう迎えるか、再び話し合いました。 

  「やっぱりその子がまっくろくろすけに溶け込めるように誰かがサポートするのはやりたくない。溶け込めたあとは自分でやってかないとならない。その時、あれ?今までと違う?ってなったらその子にもよくない。最初からそれぞれが自由に好きなことをしてるところってわかる方のが大切」 

 この意見に反対の子はいませんでした。

 「でも、新しい子に入ってほしい、どんな子って興味のある子もいると思う。体験に来るっていう情報が今よりもっとわかりやすくなったらいい。そしたら、仲良くなりたい子は予定とか考えられる」 

 そういう工夫ならいいと思う、となりました。

 そこで週一回の全員招集で行なわれるお知らせにその後一週間の見学者情報をいれることになりました。

 また、今までは見学者情報を載せたカレンダーが奥の部屋にあったのですが、一番大きな部屋につるすことになりました。

 施設案内も立候補してる子の他に説明はしないけど一緒についてまわって顔つなぎしたい子も行くことになりました

 この秋はまだ数名受入可能です。順番に見学に来ていただけるので、どんどんお申し込みください。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

男女差別?

次の記事

衆議院選挙に向けて新着!!