せせらぎ出版より、まっくろくろすけを中心に関西のデモクラティックスクールがともに作成した本
「自分が生きる学校~いま芽吹く日本のデモクラティック・スクール」
が出版されました。

内容:
・日本にもデモクラティック・スクールが誕生して10年。 その実践をわかりやすく具体的なエピソードや写真も交えて紹介。
・子ども・保護者・スタッフ・卒業生の各立場からの声を収録。

・執筆協力として「サドベリーバレースクール」のダニエル・グリンバーグさん&ミムジー・サドフスキーさん、GHBセンターの児島一裕さん、作家の本田健さんからの寄稿も掲載。
・たくさんの写真入り。

伝えたいこと
・ デモクラティック・スクールがどんなところか(時間割なし・テストなし・クラス分けなし・子どもたちによる学校運営 など)
・いかに人の自然な成長に則したところであるかということ。

・21世紀を生きる子どもにとって「自己決定」と「自治」できる学び場の重要性
・外国だけでなく日本にもこのようなスクールがすでにあること。つまり教育の多様性が進んでいて、各自にあった教育が選べること
・デモクラティック・スクールは特別な教具も施設も必要でなく、誰でもどこででもすぐに始められること、各地にその輪が広がっていること
・全国に数校デモクラティックスクールがあり、もっと生徒を受け入れることができること

デモクラティックスクール まっくろくろすけ
黒田喜美

ご注文

紙の本が増刷されました。

amazonから注文できます。
「一時的に在庫切れ;入荷時期は未定です」との表示が出ることがありますが、気にせずショッピングカートで注文すると、送料無料で配達されます。→こちら

電子書籍でも取り扱いがあります。電子書籍の購入はこちらからどうぞ。

まっくろくろすけでも販売しています。  申し込み先:makkuro02@yahoo.co.jp

せせらぎ出版のホームページはこちら

本は図書館で借りられるところもあります。

「ありのままの自分で

東日本大震災から避難していた母娘の選択」
せせらぎ出版 2020年 1400円

東日本大震災の影響で西日本へ避難してきた渥美さん親子。福島県の小、中学から兵庫県の中学校へ転校。その中学をやめ、14歳からデモクラティックスクールへ。

それからの四年間、デモクラティックスクールまっくろくろすけで何を感じ、何にチャレンジし、どう成長していったかが綴られています。

また最初は不安な気持ちで見守っていたお母さんがだんだんと成長しかわっていったかも綴られています。

二人の歩みからデモクラティックスクールの生活が伝わってきます。