キャンプ

今年はキャンプに行こう!!とAちゃんの呼びかけでキャンプに行くことになった。

もともとの候補だった福崎のキャンプ場は去年虫が多く嫌な子が……
Aちゃんは参加する子が多いように、いろんな子の希望を取り入れる。
BBQできるところ、花火できるところ、広場であそべるところ、川で遊べるところ、

それで、ネットで近くのキャンプ場をあたる
6月に行くことが決まってるので、
梅雨で雨が降る確率が高いな、とテントはやめてログハウスやキャビンをあたる。

ようやく西脇市にある日時計の丘オートキャンプ場が値段的にも距離的にもよさそうとなったが
近くに泳げる川がなさそうなのだけが、残念。

後日下見にAちゃんとスタッフで行くと、施設の人が丁寧に案内してくれた。
川のことも聞いたけど、やっぱりないらしい……

個人的な参加費は1000円をめざしてたAちゃん。
でも、1500円くらいはかかるなぁ。参加者が減ったらどうしよう?と帰り道ちょっと不機嫌に……

しかし、まっくろ家に戻ってきて
パンフレットやとってきた写真を見せると
ほかの女の子たちが
「きれい!!1500円でこんなホテルみたいなとこに泊まれるなんて!!
早く行きたいわ~!」と盛り上がるすると、心配していたAちゃんもすっかりご機嫌に。

参加者も減らずに子ども17名が申し込むことになった。

キャンプ場が希望の日が満員だったりして、
日がかわったり、そのために付き添いのボランティアのアレンジ、
車の送り迎えの変更などなど、企画のAちゃんは大忙し。

準備・当日・後日の後片付け もいれて、分担表を作成。
一人ひとつ選んでもらう。
話し合いにきてなかったDくん、Bちゃん、Cくん。
あとできたDくんは「おれ残りでいいわぁ、選ぶのめんどい!!」と。

残りって・・・たぶん、会計??
全員から参加費を集めて、施設にはらって、買いだし班にはらって、急な出費をはらって……
ルーズリーフにきちんと収入と支出をまとめ、レシートをはる……
後日、ミーティングで報告して、残ったお金を返す…頼めば説明してくれるスタッフとペアーでできるけど
教えてくれるだけだから、会計は結構大変な係だとAちゃんと予想していた。
選ぶのも面倒な子が、そんな面倒な係りになるより、選んだらいいのに…と思いつつ、
選ばないというので、残り物になってもらうことに。

AちゃんはまっくろにはいりたてのCくんと話し合って、
初めてなので、5人で一組のBBQ準備班になってもらうことにした。
休みのBちゃんにメールで残りを伝えると「朝ごはんの係りがいいわ~」と。

予想通り、Dくんは会計の係りがのこった。

準備係りの買いだしとまっくろの備品を持って行く係りは
それぞれテキパキ進めていた。

BY スタッフ黒田

Follow me!