焼き芋

今年も市川町にある「くるみ農園」から無農薬のさつまいもの寄贈がありました。

恒例の焼き芋が庭で行われました。
町役場にたき火をするときは届けを出しています。

大きい焚火のときだけ、届けが必要という人と
どんなのでも届けるという人がいました。

それで、今日の呼びかけの子は町役場に電話することにしました。

「今日、庭でたき火するので、電話しました・・・・」

電話がすむと、
「なんかめっちゃ笑われた。
『どうしてたき火するんですか?』って聞かれたから、
「やきいもします」と答えたら・・・
『そんな程度のは届けなくてもいいですよ。
もっと大きい規模のときだけで構いません』と言われて、
役場の周りの人もわらってたっぽい」と。

それを聞いて、「せっかく電話したのに~」という子もいましたが、
「町役場の人もていねいに届けてくれて、
ほっこりした気持ちになったんちゃう?
楽しい気持ちで笑ったんだと思う」とくろねこ。

なんだか、町役場の固い雰囲気のなかで
一瞬和んだ感じが目に浮かびました。

ともかく、これから野焼きのような規模のものは届けて、
焼き芋程度なら届けなくていいとはっきりしました。

子どもたち自身が役場や他団体に電話するときもあります。
役場や業者さんもていねいに話をきいてくれます。
ちょっとしたことですが、
まっくろくろすけの様子を、
子ども達自身でやりたいことの段取りをすすめていることを
知ってもらうきっかけになっていると思います

by スタッフ黒田

Follow me!